2013/05/31 Fri
お花が少なくなったので、昨日はお花を買って来た!

ひまわりはテトっぽい!それにテトもひまわりが大好きだった!
ある時、プランターでひまわりを育て、30cmぐらいになった頃にフっとみると、葉っぱが全部なくなって、軸だけがまっすぐ立ってたことがある。。。実は大きなムッシー(大きな虫=テト)が葉っぱを全部食べてしまったのだった。。。(汗)
その後、そのひまわりたちは光合成が出来ずにみんな枯れてしまった。。。(涙)
それにテトはヒマワリみたいな明るいイメージだしね!でもゴージャスなバラのイメージもあるな~(笑)


こちらもテトのイメージ!可憐なかんじ!

テトがいなくなってから、そういえばテトは『猟(りょう)』の生まれ変わりだったんじゃないか?ってフっとおもった。猟はわたしが4才のときに迷い込んで来た子犬だった。そしてその子供、ルパンがルーシェに似てる!
LUとも話してて、LUは既にそう思ってたらしく、猟の冷静な感じはテトだし、ルパンのヘラっとしたところはルーシェみたいだって言ってた!

猟と猫二が小1の時。





ルパンと猫二が小3の時。


猟と猫二(小3)ふたりでマブイ(まぶしい)顔をしてる(笑)


ルパンと猫二(小3)なぜか猫二ははだしだ。。。(子供の頃からワイルドだったな)


ハチロウ(桜文鳥の女の子)と猫二(小3)
実は、テトはハチロウの生まれ変わりかともちょっと思っていた(笑)
猫に襲われてしまったので、今度は猫に負けない大きな体を持って生まれ変わったのかとおもってた(笑)それに、猫を従えてたりするしね(笑)
これは『ハチロウどうしたの?』のポーズをしてるところ!

でも、やっぱり昔親子だった猟とルパン、こんどは姉弟で帰ってきたのかもしれないな~!


トムと猫二(12か13才のとき)
お母さんがシャムだったトムはめっちゃお利口さんでかわいかったな~!でもずっとそれまでの子は家族みんなの子で、自分の子として来たのはウルが初めてだった!


この子はお散歩係をしていた近所のアフガンハウンドのダリウス!わたしが17才の時の写真だけど、わたしが中学生でダリがまだ赤ちゃんの頃から知っていた!
ダリはお金持ちのお坊ちゃんで、お母さん(人間)がすっごく上品な人でダリにそっくりだったんだよね!


これは猫二が19才になるちょっと前の写真。この7ヶ月後にウルが息子としてやって来た!

ウルもボンボンって感じでちょっとダリに似てたかな(笑)
ウルはほんっとに猫好きで、猫にも好かれるタイプだったみたい。ダリの散歩の時に、大きな猫がいきなりダリに飛びかかってきたことがあった。こっちが何もしてないのに、ダリを見るなり毛を逆立てていきなり襲ってきた。とにかくその時は慌てて逃げたけど。
ウルの時も散歩でそういう猫と遭遇したことがあった。その猫ちゃんはメインクーンっぽい毛の長い猫で、いきなり毛を逆立てて横歩きで走ってきた!(猫が威嚇するときにするポーズ)
ああ~ダリのときみたいに飛びかかってくるか?っておもってると、ウルがいきなりすっごい笑顔で『ハァ~!』って笑って、近づいてきた猫ちゃんとお互いにクンクンってしたかとおもったら、猫ちゃんはボンボンだったしっぽを逆立てるのをやめ、しっぽを普通に下げてスーっと下がっていったんだよね~!この時にウルってすごい!っておもったな~!
それにウルってめっちゃ弱そうだけど、男だったから負けん気が強かったんだけど、深夜の小学校でウルを放して『あうん』をしていたときのこと。ウルはわたしから離れたところにいたんだけど、急に人が走ってきたとおもったら、ウルがその人に向かってすっごい勢いで吠えかかった。わたしはびっくりして『すみません。噛みませんから~!』なんていってウルを慌ててつないだことがあった。でも後でよく考えてみたら、その人は変質者だったかもしれないね。深夜だし、ウルが吠えて慌てて振り返ったらわたしの後ろに男の人が立ってたし。。。
ボンボンだったウルだけど、結構頼れる男だったのかもね(笑)

またウルやテトが側に来てくれるかな~!
スポンサーサイト
Category: 母さんの独り言
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR