2012/08/06 Mon
薬のことはほんとに悩みましたが、2011年6/5に発表された試験結果が発表されました。
アメリカでは2008年12月にイマチニブの術後投与での補助療法が承認されてます。
そして今回の5年以上にわたる実験の結果は、高リスクの初発GIST完全切除後の患者における実験でした。これは完全にテトに当てはまります。ただ、今KIT細胞(たんぱく細胞の名前。これが異常を起こす)の染色検査をしていて、これが陽性だった場合にぴったりと当てはまるんですけどね。
そして、1年投与後5年経った場合と、3年投与で5年経った場合は断然3年連続投与がよかったんです!それも半端でないいい数値でした!5年後に再発しなかったのが66%で、5年後の全生存率は92%です!
だから、副作用が強くでないようなら続けていきます!ほかの病気にならなければ、天寿を全うできることになります!

と思って薬をあげることに決めました。でも金額が現実的じゃない。。。
いつまで続けられるかな?っておもっているところに、同じGIST患者のワンちゃんのブログ(アンディくん)を見つけ、ジェネリックとして売られている薬を使って効果があることを知ったので、そちらを輸入代行業のお店で注文しました!こちらはテトの量で1ヶ月分2万弱です!(2011年8月時点)
ジェネリックはその薬のライセンスが切れた場合に作れる権利ができるものなのですが、インドは独自のルールを持っていて、作ってしまうのです。そのため、メーカー側から訴訟を起こされてるようなのですが。(訴訟を起こしていることからも、全く同じものを証明していますね)

<まめ知識>
グリベックは世界各国どこの国でも一律同じ金額で売られています。はっきりいって日本でも保険がなければ続けられる金額ではないのに、物価の低い国では大金持ちしか飲めない薬です。
ということで、インドはそういう人の為にまだライセンスが切れていない薬のジェネリックを作ってしまうのだそうです。グリベックのライセンスが切れるのはたしか2015年だったかな?


で、取り寄せました!120錠なのでテトの2ヶ月分です。でも先程も出て来たGISTの先輩アンディくんのお母さん『みう』さんからメールをもらい、アンディくんの先輩ミルミルちゃんのことを教えてもらったり、腫瘍がきれいに取りきれたのなら、薬は効くのだから再発してからでも遅くはないのではないか?と言われ、また悩みました。
でもやっぱり薬をあげれば、全く副作用が無いということはないし、あげないほうがテトの為なんじゃないかって考えるようになりました!そして腫瘍科の病院にいって今は薬をあげるのをやめて、経過観察だけにします。と話してきました。経過観察も慣れた病院で見てくれることになったので、そちらでみてもらうことにしました。
スポンサーサイト
Category: GIST
Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR