2011/08/22 Mon
20110822a.jpg

この前ひまわりがやっと咲いた!最初に種まきをしたときは、プランターを下に置いてたから大きなムッシー(テトのこと)がやっと本葉も出て来たひまわりの葉っぱを全部食べてしまって、茎だけ立ってたのを思い出す(笑)
また種から蒔き直したひまわり。今度は高いところに置いて、ムッシーに食べられないようにしてました!小さい虫の被害にあったものの大きなムッシーとは違い葉っぱを全滅して枯らすことはなかったので、こうして咲いてくれました~!

土曜は横浜の病院です。とりあえず貧血の治療をしていたので血液検査から!ほぼ正常な血液に戻ったので、あとは普通通りにおいしいものをいっぱい食べていくようにということで、薬は無しになりました!
そして、決めていたように、薬を飲まないことを先生に伝えました。先生もこの病気についてはまだ決まった治療方法が確立されてるわけじゃないから、何がいいかはわからない。テトにとって普通に生活できて、おいしいものをいっぱい食べて体力をつけていくのがいい。と言われました!(もしかして、M動物病院の先生たちも、すぐに薬を始めなくてもいいと思っていたのかもしれません。)
そして、GISTERSの先輩、ミルミルちゃんアンディくんのことを話して、とにかくすっごく元気で再発しても薬を飲んでいたら腫瘍も見えなくなって、副作用もこれといったものはなく、旅行にいったり泳いだり。いま薬を飲んでるアンディくんは今朝九州旅行に出掛けたんですよ!(土曜の朝ブログを読んでいたもので)って、わたしが自分のことのように得意気になってました(笑)
そしてK先生のゴッドハンドで触診してもらって、その後はエコーで念入りに調べてもらいました!結果はもちろん大丈夫!とにかく、おいしいものを一杯食べて、もうちょっと太っていけばいいってことでした!
そして次の日はテトとフクスケには留守番してもらって、都内の病院へ行ってきました。前回は薬をあげるということだったけど、やっぱりミルミルちゃんアンディくんのように薬はまだ飲まないことを伝えて、経過観察もテトが慣れているM動物病院でお願いすることを伝えました!
これでやっと一段落着いた感じで、病気だったとは全く思えないテトと、これからふたりに負けないぐらい元気で楽しく暮らしていきます!
20110822b.jpg


テトは下血する前には、半年以上前から土をやたら食べるようになり、原因無しにはほとんど下痢をすることもなかったのに、なんとなく下痢が続くことがあったりしてました。手術してからは土は食べなくなったし、下痢もいまのところ一回もしていません!
GISTは自覚症状がほとんど無いとされているように、そんなに重大な病気とは思えないようなものです。テトのような症状じゃ精密検査ってまずしないよな。。。って思ったり。やっぱり10才を超えたら3ヶ月~半年に1回ぐらいはエコーなども交えた検査をしたほうがいいのかもしれませんね(テトは9才ぐらいから3ヶ月に1度ぐらいの割合で血液検査はしてましたが)。
テトさんは来月からは足のためにレーザー治療もしてもらおうかなって考えています!
スポンサーサイト
Category: 健康
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR