2011/07/29 Fri
当日。夕方から手術が始まる。麻酔から立ち会い、ガラス越し&モニターでみながら手術は終了。
手術の結果はこぶしを少し小さくしたぐらいの腫瘍があった。でも、ほとんど癒着がなく、かなりの早期発見。
腸の外壁に少しついてる部分ごと腸を切り離し、腸を縫合しているので、3日断食(点滴24時間)、流動食から初めて固形が食べられるようになるまで。
まずは一度待合室へ。どれぐらいだったか、呼ばれていくと、大きなおりの中にテトが寝ていた。声をかけると目を開けて首をもちあげる!うれしくなってずっと声を掛け続けた。
先生の説明は、今回下血をしたことで、おそらく小さかった腫瘍が急激に大きくなったこと。でもかなり早期発見であったこと。閉塞などを起こしていたとしたら、悪性のばあい転移していたとのこと。
テトの場合は癒着もほとんどなく、転移の可能性は極めて低いそう!でもやっぱり良性だといいな。

そして、この日はテトとこの檻の中で眠った。
スポンサーサイト
Category: 健康
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR