2011/07/13 Wed
この1週間、大変だった。
ちょうど川遊びをした日の夕方、テトが血便をした。血便。あとで先生がこれは下血だね。って言ってました。
コールタールのようにどす黒いものがコンビニ袋にいっぱい(1/3ぐらい)、ずっしりとしていて、色は黒っぽいけど袋にはねたものが赤いから『血?』っておもったけど、信じたくない気持ちも手伝ってか、きっとこういう色のものを食べたから(この日の食事はオージービーフのもも肉、おやつにマグロのジャーキーを食べてた)だよね。って思う事にした。でも、それから数時間。庭から帰ってきたテトがちょこっと元気なく見えたので、庭に出てみると、また大量の血が。今度はトイレットペーパーで取ってから、水で流したんだけど、ペーパーについたものも、流した水の色もまさしく血だった。これを少し袋につめて、近所の病院へ行った。
初めて行く病院だったんだけど、家から近く、評判もいいので行こうとおもってたところ。対応はほんとによく、検査もちゃんとしてくれた。でも病院へ付いてから、2度も吐いて、どっちも血。。。
レントゲンの結果、何か腫瘍らしきものは見当たらない。血液検査の結果も全く異常がない。CRPという血中の炎症を示すものも0.1と低いものだし、貧血も起こしてない。検便でも何にも見つからない。
抗生物質とかいろんな注射をしてもらって、薬をもらってとりあえず様子を見る事に。
次の朝、また血便(下血なんだけど)。でも、体内に残ってたのかもしれないし。とおもい、それから数時間後の朝食をあげて様子をみることに。するとその日1日なんにも起こらなかった。
きっと大丈夫だ!とおもった次の日の夕方。夕食後(時間は早い。)量は減ったけど下血。夕方病院が開いてから連れてくことにした。でも、院長先生は手術中で他の先生が診察してくれた。やっぱりコールタールのような便をしたことを伝えたけど、吐き気がなかったからよくなってると言われた。
2年前に遡るんだけど、フクスケがやっぱり同じような症状で1週間入院したことがある。最初は食事はダメで点滴のみだったのを思い出した。
先生に、『やっぱり血便も出るし、胃腸を休ませたほうがいいから食事をあげずに点滴をしてもらったほうがいいですよね?』と言ってみたけど、よくなってきたからこのまま薬だけでいきましょう。ということだったので、もう何も言えなかった。
そしてその日の夜も下血した。
次の朝、すぐに横浜へ出発した。M病院。もう3年半も行ってなかったんだけど、やっぱりここしかダメだって思った。
夜した便を見せると、先生もここまでヒドいのは見た事がない!っていう程のものだった。そこで、これは血便なんてものじゃないね。下血だね。と言われました。血液検査をすると、重度の貧血。CRPも1.4と上がっていました。でも、3ヶ月前の血液検査でも、下血した当日の血液検査でも貧血はなかったことを伝えると、腫瘍は考えにくいということ。腫瘍の場合だと、見た目には分からないぐらいでも、いつも便に血が混じったりして、慢性的な貧血になるらしい。フクスケは内視鏡検査をしたけど、この子たちは内視鏡検査をするとなると、全麻になるからこれはしなかった。おそらく、細菌によって、腸の広い範囲に炎症を起こしてるんじゃないかということだった。でも、この先熱が出たりすると危なくなるらしい。とにかく腸を動かさなくすることと、止血、細菌を殺すための殺菌等々・・・点滴と注射で入れてもらった。そして次の日も来ることになった。
次の日はテトとふたりで行った。というのも、先週海の家で忘れ物をしたから。炊飯器のご飯と冷蔵庫の野菜。これをどうしてももってきてもらわなくっちゃいけなかったので。。。
そして病院へ。血液検査の結果、少しだけ貧血は改善してたけど、まだまだ重度の貧血。もう下血も吐き気も止まっていた。CRPは3.4に上がってた。でもこれは想定内だということ。でも心配なので、テトだけ高いんじゃなくって、これが普通のことなんですか?って聞くと、あっさりと『普通のことです』という返事!腸内が弱って、腸内から腸外へ浸透してしまうらしい?(と言ってたような。。。)それでこの数値が上がるらしい。そしてまた点滴と注射を打って、薬をいっぱいもらって、体調が変わらなければ3日後に来ることになった。この日の夜から薬が始まるから、食事もほんの少し(1日3回、ササミのおかゆ)あげることになった。
家に帰ると調子がいい!ローリングはするわ、庭に誘うわ、オヤツをねだるわ(もちろんあげないけど)で大変!結局、一度もうんちょちょをしなかったので、下血はもちろん無く、吐き気もなかった!
そして今日病院へ。ドキドキの血液検査。貧血は少し改善して、38%台まで回復!CRPも0.6まで下がってた!ということで、今回は点滴はしずに、薬も量が減った!まだうんちょちょが出ないと心配ではあるけど、よくなってることに間違いない!
一度は、もう重病なんてしないから、近場で済ませてしまおうっておもっていたから3年以上も行かなかったけど、結局いつも助けてもらうのはこの病院なんですよね(4年前になった急性すい炎のときも、ここだから助かったとおもってる)。もうこうなったら普通の検診もすべてお願いする決心がつきました!そのほうがテトも安心だし、主治医の先生がお休みのときも引き継ぎがなにせしっかりしてる!ちゃんと把握してくれてるから、1から説明しなくってもいいし!少し離れてみて、改めてこの病院の凄さとありがたみが分かりました!
まだ当分通って、治療しますが、おそらくもう大丈夫です!

そうそう。この病院、とにかく待ち時間がいっぱいだから、患者さん同士じっくりお話する時間があります(笑)みんなほんっとに子供思いの人ばっかりなんですよね~!だから話してても、昔っからの知り合いのようにみんな打ち解けて話すんですよね~!今日はテトを数年前にここで会ったことを覚えてくれた方もいました!
そして、イタグレちゃんが来てたんだけど、ケージから出すと、ドーニちゃんにそっくり!『お友達のイタグレちゃんにそっくり!』っていうと名前を聞かれたので、『ドーニちゃん』っていうと、『もしかして、テトちゃん?』ってテトを知ってました~(笑)その子はミントちゃんといって、ドーニちゃんとは親戚でした!ドーニちゃんの子供の頃にそっくりでした!テトのことは、いつもドーニちゃんところのブログでみているそうで、写真まで撮ってもらいました(笑)
病院なんだけど、みんないろんな病気で病院に来て、お互い励ましあって、勇気をもらう感じです!そしてほとんどの人が、ここだから治してもらえたって言います!

あ、そうそう。今回の腸炎、川遊びとかの因果関係はないそうです。でも、ちょっと前から胃腸が弱ってたのかもしれません。半年以上前からになるかな?庭の土をもりもり食べるから、おかしいなとは思ってたんですけど、これが信号だったんですね。これからは胃腸にやさしいものをあげることにします!それにおやつも控えめに!

きのうのテト子
20110713a.jpg

ローリング!

ソファからおっこちる!
20110713b.jpg


20110713c.jpg
スポンサーサイト
Category: 健康
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR