2011/01/06 Thu
かなり遡って、それは私が幼稚園の頃の事。
子供の頃によくある『ヘンなモノ』を見る事がたまにあったらしい。
おばけとかそういうのじゃなくって、トトロ的なものだとおもうんだけど。
わたしのはあんなかわいいものじゃなかったけど。。。

いくつかは怖くって(まあ、考えてみれば大して怖くないか?)書かないけど、ちょっとそうでもないものを。
子供の頃、ありんこは格好の遊び相手だった。
最近あんまり見ない、つやがない中ぐらいのアリ。昔はこれが主流だった。
ありんこって水にいれると泳ぐっておもってた。(実は溺れてるらしいけど)
それで曲がって使い物にならなくなった鍋をもらって、そこに水を半分ぐらい張ってありんこをみつけては入れて庭の奥に進んでいった。すると建物の白いコンクリートの壁から、黄土色の大トカゲがニョキって出てきた。
その横顔を見た瞬間、その大トカゲは真っすぐ(私からみたら横方向に)道路に向かって走っていった。
と、同時に私は鍋を放り投げて庭の入り口目掛けて一目散に逃げた。

その後、ひとりで様子を見に行くことなんて出来る筈もなく、姉についていってもらって鍋を拾いにいった。
鍋は見事にひっくり返って、中のありんこはみんな逃げていったらしい。
大トカゲが出て来た壁にはもちろん穴はなく、ましてや大トカゲなんか日本に住んでないし。。。
今考えてもあれはありんこのバチが当たったんだなって思った。


そして不思議な事もう1つ。
幼稚園の友達と二人、地下鉄の高架下(地下鉄なんだけど、当時住んでいたところは終点の駅で車庫があったため地上に駅があった。)にある赤い外見のかわいい小さな雑貨屋さんにいった。
何かを買うわけでもなく、子供の頃から雑貨を見てるだけで楽しかったのでいろいろみて満足してから外に出た。
(何度か訪れた事がある雑貨屋さんだけど、何にも買わなくっても『ありがとうございました!』って必ず言ってくれる優しいお姉さんが店番をしてた。)
ーーーそして雑貨屋さんを後にして、手のひらをふとみると、ちょっと怖い顔のピエロが笑った顔のスタンプが押してあった。
びっくりして友達にそれを見せると、友達の手のひらにも同じスタンプが押されてた。
でもふたりとも押した記憶も押された記憶も全くなかった。
どこでついたのかな?


こういう事は幼稚園~小学3年ぐらいまであったかな?
当時はそこそこ怖かったけど、今起こったらちょっとスリリングで楽しそう!
スポンサーサイト
Category: 未分類
Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR