2017/11/09 Thu
最近、発達障害について、子供の頃の事をいろいろ思い出してるんだけど、なんだかあまりにもいろいろありすぎて、書籍にしてもいいぐらいか(汗)っておもうぐらいたっぷりありすぎ。。。(汗)

今回は小学校5・6年のお話です。
わたし、走ったりするのは好きでしたが、球技はめちゃめちゃ苦手。。。(7つ上の姉はソフトボール部のキャプテンだったので、姉にとっては信じられない妹なのだが(笑))

クラス対抗の野球大会があって、わたしは野球なんて興味も無いし、もちろんルールも知らない。でもショートだかなんかを守ることに。
で、もしボールが飛んできたらどうすればいいのか全くわからないので、男子に聞くと、サードにいけばいいって言われ、本番で守りながら(ボールが来たらサードに走る。サードに走る。)ってずーっと考えていました。
で、実際飛んで来て、そりゃーサードに走るでしょーーー!!!

ところが、セカンドにランナーはいなくて、みんなが大声で○○(私の名前)ーーーセカンドに行けーーー!!!ってさんざん言ってたらしいけど、そんな声、全く耳に入らず、ランナーのいないサードに走りましたよーーー

そりゃーわたしだって『シーーーン。。。』と静まり帰ってたのは覚えてますが。。。(汗)

まあ、クラスのみんなは残念がってたけど、まあしゃーねーか。ぐらいに思ってくれたらしく。。。(汗)

わたしはクラスの誰にも責められる事はなかったのですが、別のクラスの名前も知らない男子がフラーっと廊下から教室を覗いて、『おまえ、ランナーがいなかったのにサードに走ったんだって???』って言われ。。。
それ以来、その子とすれ違う度にそれを言われ続けた。。。(涙)

よく小学生って好きな女の子をいじるっていうけど、それは絶対違うとおもう!
彼、きっとわたしと同じ発達障害だったんだとおもいます!!!
というのは、わたし自身が、好きな子はいじらず、自分的にわけのわかんないおもしろいヤツをいじるのが好きだったから。。。(汗)ちょっとしたいじめに近い行為なんだろうけど、ことあるごとにお猿に似た男の子にちょっかい出して、発狂させて、喜んでたけど、ぜんっぜん好きじゃなかったのです。。。(笑)
気の毒なその子は、最初は泣いて(男の子ですよ)わたしに殴り掛かってきてたけど、だんだんわたしを知っていってからは、なんだよーーー!!!ってちょっといじられるのがうれしそうになっていきましたが(汗)

そう。そのわたしをなじった男子は、きっと自分にとっての野球が絶対だったんだとおもいます!
なんでわかんないんだよーーー!!!ぐらいな気持ちで言わずにはいれなかったんだとおもいます(笑)

で、結局その子の名前も分からないまんま。きっと転校してったんじゃないかな?うち、公務員の多い地域だったので転校生が多かったね。(うちは正反対で、名古屋の繁華街で今で言うキャバクラ経営してたので。。。)

そうそう。昔同じくADHDの友達が教えてくれた本『のび太・ジャイアン症候群』を読むと、どちらもADHDであり、どちらのタイプにも(いじめっこにもいじめられっこにも)成りうるみたいな事が書いてありました。(もう何年も前に読んだので、細かいところは忘れたけど。。。)
ところで、わたしは自己診断ですが、ADHDとアスペルガーの複合型だとおもってる。

+++DMゼロを目指して+++
ひとりでも多くの人に知ってもらいたいです!

スポンサーサイト
Category: 発達障害
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR