2017/06/11 Sun
わたしは読書も国語も苦手で、図書館でも絵本や童話しか借りなかったんだけど、芥川龍之介だけはほとんど読みました。短編で読みやすいってのもあるんだけど、何か感じるものがあったからなんだとおもいます。
まあ、一番最初は定番の『蜘蛛の糸』でした。たしか中学の道徳の教科書に乗っていて、美術でその版画を作りました。
その後は高校生の国語で羅生門を勉強したときに、芥川龍之介の人となりみたいなのも勉強して、いろいろ読みたくなって読むうちにはまってしまったという。
たしか新潮文庫の『蜘蛛の糸・杜子春(とししゅん)』を始めに読んだかな?これは子供向けの話しが色々載っていて、すっごく読みやすくて面白かった。わたしは時々、わたしがこの作品を映画にするなら、キャストはこの人がいいなって考える時があるんだけど、杜子春は風間杜夫のイメージでした(笑)風間杜夫は昔から好きで、夏目漱石の『こころ』ではわたし(先生)は風間杜夫、Kは古尾谷雅人って決めてましたが、古尾谷くんはKと同じように自殺してしまいましたね。。。(涙)

その後は岩波書店の文庫のほうが有名じゃない作品もいっぱい載っていたので、そちらでどんどん読みあさっていきました。
芥川龍之介の作品で、『歯車』ってのは自叙伝というのかな?なんかこの人うつだよな〜ってのをさらけ出してる作品でしたが、わたしは発達障害という言葉を知らなかった(無かった?)時に、自分は躁鬱病(そううつびょう)なんだろうな〜って(特に躁が強いタイプ)、心理学の本を読みあさってた時があったので、なんか通じるものがあった。
芥川は目を閉じると歯車が見えると言ってる部分があるんだけど、わたしにはもちろんそんなことはなかったけど、妙に歯車が好きで、歯車の絵を今でも使うのが好きなんだよね。

で、『トロッコ』という作品があるんだけど(もう30年ぐらい前に読んだっきりなので記憶は曖昧だけど)、こちらは子供の話しで、置いてあったトロッコを乗っていて、楽しくってどんどん走っていったのはいいけど、気づくとすっかり日も沈み、帰りに心細くなって、泣きながら帰ったみたいな話しだったとおもうんだけど、これがやっぱりわたしの子供の頃と同じ感覚で、あるある!って共感したものでした。

芥川龍之介の作品について、すっかり忘れていたのに、昨日ケーブルで『地獄絵図』だっけ?なんか昔の日本のホラーがやっていて、そういえば芥川の作品で『地獄変』って恐ろしい話しがあったな。と思い出したからなんです。
こちらはやたら唇だけが赤い絵師が、殿様に地獄の絵を頼まれ、自分の娘を籠(お姫様とかお殿様が乗るような籠っていうの?)に乗せて火をつけて、そこの絵を描いた後に自殺するという話しでした。
恐ろしくてたしか一度しか読んでないけど。。。
で、今、芥川龍之介作品を思い返すと、この人は鬱でもあったけど、発達障害だったんじゃないかな?っておもったわけです!
トロッコだって、きっと自分自身がこんな感じのことを経験したんじゃないかな?って思ったり(笑)

わたしはこの人のような優秀な頭とは程遠いのですが、この人の作品に共通点を見いだしていたんだとおもいます。
なんというか、暗い中にも希望が見える時があるというのかな?なんか微妙な心の描写が好きだったのかもしれませんね!

まあ、まとめると、世の中発達障害の人ばっかりという事ですかね(笑)


+++DMゼロを目指して+++
ひとりでも多くの人に知ってもらいたいです!

スポンサーサイト
Category: 発達障害
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR