2013/07/29 Mon
13年前、ウルとテトで始まった『そこどけ そこどけ 親ばか道』。現在の『石博士テト』に名前に変えてずっとホームページを公開してきました。
色々考えた末、ひとまずここで終わることにしました。
いままでありがとうございました!

ニコは今回は残念ながら来ないことに。来年になりそうです!
スポンサーサイト
Category: 母さんの独り言
2013/07/17 Wed
わたしとテトとくるみ会が東京に来て、6月で10年になった。
それでも、わたしは関東には親しいシェパ友が2人しかいない。。。(汗)
昨日はそのうちのひとり、うりさんと遊ぶことに!
うりさんのとこには6才半になるラビィちゃんとまだ5ヶ月になってないバンちゃん(バンブルビー)がいる!
うちは『あうん(散歩)』環境だけはいいので、うりさんがふたりを連れて来てくれた!
バンちゃんはニコとおじいちゃんが一緒!バンちゃんのお母さんとニコのお父さんが異母兄弟なんだ~!


ちょうどニコの為に引っ張り出してあったケージに入るバンちゃん!ケージのトレーニングをしているので、まだおチビさんにも関わらず、中ではすっごく落ち着いている!


ラビィちゃんは相変わらずデカい!テトのにおいをしてくれてます!
途中デブエッティが帰ってきて、興味津々だったラビィちゃんだけど、ただ見つめるだけで吠えるなんてことは一切ありませんでした!
うちはこうして猫がいることが当たり前なので、猫に吠えてしまうとちょっと大変だからね。。。

この日は先週の猛暑とは違い、曇りがちでちょっと涼しかったので早目に『あうん』へ!
バンちゃんを任せてくれたんだけど、これがめっちゃ幸せだった~!こんなおチビでも力強さがあって、シェパって感じなんだよね~!

日が照るとちょこっと暑かったので、日陰のある場所に避難!

たまらんっっ!!!かわいすぎだ~!


この横顔、テトの赤ちゃんのときに似てる!






ラビィちゃんはやさしいお姉ちゃんだな~!ほんっとにおっとりしていて雰囲気がいいね!

『あうん』から帰って、いっぱいシェパ談議をしました!
うりさんはすっごい高度な訓練をしていて、わたしも最近訓練に興味を持ってきたこともあって、いっぱい教えてもらいました!
そうそう。わたしってほとんどの訓練士が嫌いだったんだけど、それは昔(20数年前ぐらい)の訓練士は虐待に近い暴力を振るうこと。競技会で見学すると、犬たちがビクビクしてたり、なんだか不自然で楽しそうじゃなくって、わたしには合わないなって思ってたけど、今回ニコのお父さんになる子とお母さんになる子の訓練の動画を見ていたら、すっかり虜になってしまいました!
とにかく犬達が楽しそうなんです!
でも、今は暴力で強制する訓練士が随分減ったということで、防衛の訓練方法をちょこっと聞きましたが、全く違うやり方で犬の個性を伸ばしていくやり方のようです!これこそ、ほんとに犬を知っていて、犬を好きだからできる技だよね!
最近の動画で、犬たちがぜんぜんおどおどしてなくて、楽しそうに見えるわけだね!
といっても、わたしのようなせっかちな人間がどこまで出来るかわからないけど、がんばってみるかな!結局続けられるのは、自分がそれを本当に好きかってことだからね!そればっかりはやってみないとわからないもんね!
そして、うりさんとはニコのお父さんを一緒に見に行く約束をしました(笑)


うりさんからはテトへのお供え物をいただきました!今はルーシェも一緒なので、2コお供えしたよ(笑)
ふたりはまだお子ちゃまだから、アルコール分のない『こども用』のおイモ(笑)のスイーツ!わたしにはアルコール入りなんだ~!


ハートの額にぴったりのふたり!

フクスケが帰ってからも、ずっと『あ~!今日はほんっと楽しかった~!』の連発だった。。。やっぱりわたしって『あうん』おたくのシェパおたくだな~!
うりさん、ラビィちゃん、バンちゃんありがと~!久々に元気になったよ~!またいつでも来てね!というか、いっぱい来てほしいな~(笑)
Category: お友達
2013/07/17 Wed
ルーシェが10日、午後5時25分。旅立ちました。
その日は穏やかに眠っていましたが、その後急変してあっという間でした。
7日にいきなり倒れ、病院に駆け込んだところ、血管肉腫が心臓に転移して、心タンポナーデ(心臓と膜の間に腫瘍が破裂したときに血液が溜まってしまう)になり、このままだとルーシェが苦しいので溜まった水を抜く事に。かなり危険な治療で、そのまま逝ってしまうことも多い程。
でもルーシェは無事に生還してくれた!
次の日、姉と病院に行ったルーシェは前日の様子とはまるで違って、元気いっぱいだったらしい。
でも家に帰ってくると、いきなり倒れて失禁をしてしまったそうだ。
LUから電話があり、もうダメかもしれない。と聞き、慌てて名古屋に走った。もしかしたら間に合わないかもしれない。とおもいながら、でもルーシェだから絶対大丈夫に決まってる!といろんなことを考えながら、3時間半ぐらいでLUの家に着く。
すると、ベッドで寝てたルーシェが顔をあげてくれた!それに電話で容態を聞いた様子よりもぜんぜんラクそう!その後、馬刺を食べ、トイレも自分で済ませた!
その次の日も元気いっぱいだった!大好きなカモのおもちゃで遊んだり、食事も喜んで食べ、トイレもいつも通り済ませ、散歩に出られないということ以外は全くいつものルーシェだった!
わたしは次の月曜までいる予定だったけど、ルーシェに何度も何度も『おいルーシェ。わたしは絶対ルーシェを見取らないからな!』って言って聞かせた。
でもその日の夕方、ルーシェはまたフラフラになり、調子が悪くなってしまった。
次の朝、わたしが4時半に起きてルーシェのところへいくと、LUがルーシェのベッドの隣で寝てた。LUはわたしと違って、あんまり寝なくても大丈夫な人間だから、こんな時に寝てるなんてめずらしいな~っておもいながら、目を開けてるルーシェを30分間ずっと見ていた。
もともとルーシェはLUの顔ばっかり見てるけど、わたしが8日に来たときから、なんか異常なぐらいLUの顔ばかり見ていた。
この時の30分間ずっとLUを見ていたルーシェ。5時過ぎた頃にLUが起き、それからはルーシェはまた元気になった!でも急に悪くなったりよくなったりするのを見てるのも心配なので、この日はルーシェを病院に連れていくことにした。
この日はルーシェの病院が休みなので、前回心タンポナーデの治療をしてくれた大きな病院に行った。
ルーシェは元気で自分で普通に歩いてエコー検査をした。前回程ではなかったけど、また水が溜まり、このままだと2~3日で前回の状態になるかもしれなかった。今回は腫瘍の一部も見えていた。
でもルーシェはいつものようにすっごい笑顔でニコニコしてたので、今水を抜く治療をして、そのままいってしまうなんて考えられないので、この日は水を抜くのはやめてもらった。
ルーシェはずっと元気で、家に帰ってからもルーシェの大好物のLU特製の鳥肉のスープと生肉を混ぜたものをペロっと平らげ、その後おもちゃで遊んでいた。
でも前日寝てないのもあって、その後は爆睡!それも、わたしがここに来た時で一番穏やかな呼吸で、病気だなんて忘れるぐらいのものだった!
しかし、午後5時ぐらいから急変して旅立ってしまった。
あんなに、ルーシェを見取らないって言ったのにね。
わたしにとっても特別な存在だったルーシェ。ほんっと明るくてめっちゃおりこうさんでかわいかったな~!
ルーシェありがとう!テトと一緒にかーさんたちを見守っていてね!

'06.1.26
テト6才になったばっかり。ルーシェもうすぐ4才。


'07.12.16
テトもうすぐ8才、ルーシェもうすぐ6才。

Category: 母さんの独り言
2013/07/03 Wed
最近暑くなってきたので、切り花が長持ちしない。。。
月曜日に花屋さんで2種類のひまわり数本と小さなアレンジを1つ買ってきた!
とおもったら、その夕方にピンポーンとインターフォンが鳴った。
近所の柴犬のお母さんだった!テトのことを最近まで知らなかったとお花を持ってきてくれました!

今は花瓶4つ分も飾ってあります!
いつもテトが『お金とお花は寂しがり屋だわ~』って言ってたけど、ほんっとそうだな。いまでもテトにはお金がいっぱい!テト亡き後もどんどん増えていってる。。。でもわたしの通帳はいつも空っぽ。。。
お花も十分にあるときにまた増えるってことが何回かあった!
お金もお花もにぎやかなのが好きなんだね~!

昨日はボーダーのこたつちゃんのお母さんがおみやげとビールの差し入れで来てくれて、久々におしゃべりした!
そこで、映画にもなった秋田犬の『わさお』がアニマル・コミュニケーターと話したというテレビの内容を教えてくれた。
わさおは自分の名前をかっこいい名前とおもってたらしい。でも毛がワサワサしてるから『わさお』なんだと聞いてがっくりしてたらしい。

でも、犬ってそこまでの名前の概念ってあるのかな?ってフッとおもった。人間的に名前はつくけど、それは呼ばれるとなんか心地いい感じだから来るとかそういうのに近いんじゃないかな?とちょっと思いました!だから叱る時に名前は呼んじゃだめっていうのかもね!
そういう私は名前は違う名前で呼ぶわ、怒る時は名前呼ぶわでわたしとつきあうのは大変だったかな(笑)

注)一応物に名前があるとはわかっているとおもうけど、人間程の名前の概念がないかな?って感じです!
Category: 母さんの独り言

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR