2011/07/30 Sat
手術当日は麻酔から醒めてないので、オリの中で一緒に眠った。
朝になると完全に目が醒めていたので、ちっちこに連れ出した。まだ醒めたばかりだから、フラフラしてたけど、わたしが思っていたよりも早く覚醒したし、歩けたから安心した!
24時間点滴はもう始まっていたので、ちっちこの周期が早い。でも人間みたいに点滴を持って外にでられるわけじゃないから、取ってもらわなくっちゃいけないのが大変だった。看護士さんも先生たちもすっごく忙しいのに、イヤな顔をせずに取ってくれました!ありがとうございました!そして、1日おきぐらいに点滴にやってくる17才の小太郎くんとは、年のせいで同じぐらいのちっちこの周期だったので、ほとんどいっしょにお外にでてました!ひとりだけ点滴を取ってもらうのと違って、心強かったです!
麻酔から醒めたので、晩から一緒に泊まる部屋へ移った。
ここはICUなんだけど、日中は主人がついて点滴できる子が集まってくる。うちのにーさん(くるみ)もここで点滴を受けてたことがある。
20110730a.jpg

これがわたしとテトが寝泊まりしてたところの写真!

こんな具合なので、テトも家にいるみたいにリラックスしてました!
人間はただの付き添いなので、お風呂なんかはもちろんありません!わたしは地元じゃないから誰も変わってくれる人がいないから、だんだん頭もベトベトしてきて限界だったので、水曜にフクスケに休んでもらって、交代して家に帰って、4日ぶりにお風呂に入って、布団とか足りないものを持ってきました!
でも、わたしが帰ってるお昼のこと。入院してから一番感動する瞬間。『口から食べる』です
なんかスープをもらったそうで、わたしはずーっと一緒にいたにもかかわらず、フクスケがその瞬間に立ち会ったのです。。。(涙)
でも夕方の食事のときには帰ってきてたので、夕食から始まった流動食を食べるところは立ち会えました!すっごくうれしそうに食べていて、『もっとないの?』っていうぐらい食欲旺盛!あとは吐かなければいいんだけど、お昼のスープのときも大丈夫だったから、きっと大丈夫だって思ってた!
そして、案の定吐く事もなく、順調に朝晩の流動食を食べるようになりました!

そして、木曜の夕方。I先生がお部屋に来て、このまま吐き気が無ければ明日の朝ご飯の後に退院できるかもしれない。と言われ、同じお部屋で点滴をしてるご家族と一緒に喜びました!
その夜も、ちっちこでお外に出たあと、先生に呼ばれて説明を聞きました!
下血以降、少しは改善した貧血も、また絶食など続いたので改善してませんでした。そして血や肉を作り出すものを食べながら細胞単位で増やすため、1日に1~2%ずつしか増えていかないので、だいたい2週間かけて元に戻ること。食事は油っぽくないもので、普段と同じものを半分の量から初めて、1週間かけて元の量に戻していくこと。
等の説明をしてもらって、テトは腸を切ってつなげる手術をした中で、異例の早さでの退院だということでした!テトは最初下血という衝撃的な症状があったけど、身体自体はぜんぜん弱ってなかったし、元気だったのでこういう結果になったみたいです!
そして、退院前日の夜からは点滴も外れました!

その晩はなんだかうれしくってわたしのほうが興奮してしまって眠れないなとおもってたんだけど、知らない間に寝てました(笑)どこでもどんな時でも寝られるってのがわたしの特技です(笑)
そして次の朝、ご飯を食べて吐き気がなければ予定通り退院です!ちっちこの為に待合室を通って外にでるのですが、その時の点滴仲間のねこさんたちにあったので、今日退院できることを話して一緒に喜んでくれました!
最後の点滴をして、朝ご飯を食べて、お昼ももう1時も過ぎた頃に退院の手続きができたのでやっと帰れることになりました!それまでも猫さんのところとずっと犬猫談義をしていたので、とっても楽しい時間を過ごせました!
費用も振込になるかなって思っていたら、わたしのカードでも払えるぐらいだったので、払ってきました!(わたしは主婦なので、限度額が低い)
普段限度額を気にするような高い買い物なんてしたことがないから、改めて限度額っていくらだっけ?って考えてしまった(汗)

そして家へ~!なんだか帰ってきた瞬間、ただちょこっと出掛けてたところから帰ってきた気持ちでした!そして1ヶ月以上も入院してたように感じた6日間の入院生活も、遠い昔の記憶のように感じてしまいました。
テトは普通にローリングしたり、掘ったり、庭で石遊びをしたり!なんだか毎日こうしていたような気持ちになりました!

次は1週間後にいって、抜糸をしてもらって、組織検査の結果を聞きます。良性だと尚うれしいんだけどな~。どうか良性でありますように!

今回は急だったし、内容についても手術するまで状態がわからなかったこともあって、誰にも連絡しなかったのですが、虫の知らせなのか?数人の人が入院中にメールをくれました!みんなが応援してくれて、ほんとに心強かったです!ありがとうございました~!

そしてなによりも、K先生は命の恩人です!先生がいなかったら、これからのテトがなかったのかとおもうと、感謝しても感謝しきれないほどです!ほんとにありがとうございました!
スポンサーサイト
Category: 健康
2011/07/29 Fri
当日。夕方から手術が始まる。麻酔から立ち会い、ガラス越し&モニターでみながら手術は終了。
手術の結果はこぶしを少し小さくしたぐらいの腫瘍があった。でも、ほとんど癒着がなく、かなりの早期発見。
腸の外壁に少しついてる部分ごと腸を切り離し、腸を縫合しているので、3日断食(点滴24時間)、流動食から初めて固形が食べられるようになるまで。
まずは一度待合室へ。どれぐらいだったか、呼ばれていくと、大きなおりの中にテトが寝ていた。声をかけると目を開けて首をもちあげる!うれしくなってずっと声を掛け続けた。
先生の説明は、今回下血をしたことで、おそらく小さかった腫瘍が急激に大きくなったこと。でもかなり早期発見であったこと。閉塞などを起こしていたとしたら、悪性のばあい転移していたとのこと。
テトの場合は癒着もほとんどなく、転移の可能性は極めて低いそう!でもやっぱり良性だといいな。

そして、この日はテトとこの檻の中で眠った。
Category: 健康
2011/07/29 Fri
24日、日曜に手術をして、29日(金曜)に退院。
長い1週間(正式には6日)でした。

16日(土曜)、先週K先生(みなとよこはま動物病院の院長先生)が、テトの触診をして
『ほんとはこれで、ハイ!終わり!って言いたいところなんだけど、来週もう1度見せてくれるかな?』
ということでした。というのも腹部に『しこり』があったから。でも、この『しこり』は、あれだけテトが酷い下血をしたから、リンパが一時的に腫れてる可能性があるかもということ。来週小さくなってるようなら安心!っていうことだった。
1週間後、相変わらずテトは元気だし、絶対大丈夫に決まってる!って決めつけて病院へ出掛けた。
そしてまた触診。小さくなってるどころか、成長してる様子。エコーを取って確認。すっごく大きい。
組織を取って検査。結果は炎症などがみられた。でもリンパで無い事が判明。
そして診察室に呼ばれた。
K先生の話しでは、これは腫瘍に間違いないということ。でも幸いにもリンパ腫ではなかったから手術ができるということだった。この腫瘍は今回の下血で急激に大きくなったと考えられる。開けてみて、その状況によって治療の方向を決めることができる。このまま置いておくと、腸の閉塞を起こす可能性なども考えられる。手術をするか。でもテトは年だし、人によってはこのまま放置していくということを選ぶ人もいる。というような話しだった。
わたしはすでにぼろ泣きだったんだけど、直感的に『手術をしてもらいたいです』と答えた。テトは年だし、麻酔に耐えられるかも心配はもちろんあったけど、それよりも何にもしないで悪化するほうが大変なことだとおもった。
フクスケにも『いいよね?』ってきくと『うん』ってうなずいた。
手術は出来る限り早いほうがいい。先生は明日出来ると言ったので、それでお願いした。

次の日。朝のテトは何にもないようにすっごく元気。あんまりにも元気だから、本当に切っていいものか?って何度も考えたんだけど、昨日の先生の話で切ったほうがいいって直感的に感じたのだから、それに間違いないんだっておもって、何度も何度も自分を言い聞かせた。

Category: 健康
2011/07/20 Wed
ちょっとご無沙汰しておりました。。。
なんだか、パソに触るのが面倒だったんです。。。(笑)
日曜からは朝晩の『あうん』も普通に行くようになり、食事もほぼ通常通りのものをあげて、量もだんだん元に戻ってきました!本人はもっと食べたいっていうんだけど、急にいっぱい食べて、胃腸に負担をかけるのもどうかとおもうので、ちょっと心を鬼にして(←ここがかなりむずかしいんだけど。。。)消化のいいもの(もう生のお肉もあげていいと言われたので生と、スネとかは圧力鍋でクタクタに煮込んでから)を中心にしてあげてます!
温めたりなんかでちょこっと仕度が遅れると、『ヒュイ~ン』ってないて、なぐってきたり、顔を乗っけて来たりしてきます(笑)それだけ食欲旺盛なんです(笑)
うんちょちょのほうも、通常のめちゃめちゃ調子いいものになりました!でも、あと1回、週末に病院へ行ってきます!

20110720a.jpg

あんまりいつもとかわりばえしない写真ですが。。。(笑)
くっちゃくっちゃに掘ってから寝っ転がってます!

20110720b.jpg

こちらは夕方。きれいにふとんをしいたんだけど、またくっちゃくっちゃにしてしまいました(笑)そして落っこちる!

20110720c.jpg


20110720d.jpg

別のソファで気持ちよく寝てるかとおもいきや。。。

20110720e.jpg

また落っこちました(笑)

20110720f.jpg

立ち上がるとおもったら。。。

20110720g.jpg

ローリング、入っちゃいました(笑)

健康ってやっぱりいいな~!
念のためやった事といえば、冷凍庫の中で賞味期限が切れた肉を全部捨てたこと。冷凍庫だから大丈夫なんだろうけど、一応ね。これからは面倒でも、使い切ってから注文しようとおもいます!
それから、一応これからは3食を基本にしようかと。そうすると、自然とおやつも減るしいいかな?
Category: 日常
2011/07/15 Fri
今朝、うんちょちょが出ました~!
それも、思ってたよりもずっといいものでした(笑)
バリウムも飲んでるので、どんなうんちょちょが出るかとおもったけど、バリウム部分は黄土色のような感じで、形もあって、その後は普通の色でした!血液も全く見た目では含まれていませんでした!
お見舞い電話やメールをもらって、ご心配おかけしましたが、これでとりあえず安心です!
土曜のお昼に下血をした以来、今日(金曜日)までなかったので、腸閉塞か?それとも一部壊死か?でもそれなら激痛だったり、血液検査の結果がよくなることがないよね。というように、なんだか心配してました。
ほんとにありがとうございました~!
Category: 健康
2011/07/13 Wed
この1週間、大変だった。
ちょうど川遊びをした日の夕方、テトが血便をした。血便。あとで先生がこれは下血だね。って言ってました。
コールタールのようにどす黒いものがコンビニ袋にいっぱい(1/3ぐらい)、ずっしりとしていて、色は黒っぽいけど袋にはねたものが赤いから『血?』っておもったけど、信じたくない気持ちも手伝ってか、きっとこういう色のものを食べたから(この日の食事はオージービーフのもも肉、おやつにマグロのジャーキーを食べてた)だよね。って思う事にした。でも、それから数時間。庭から帰ってきたテトがちょこっと元気なく見えたので、庭に出てみると、また大量の血が。今度はトイレットペーパーで取ってから、水で流したんだけど、ペーパーについたものも、流した水の色もまさしく血だった。これを少し袋につめて、近所の病院へ行った。
初めて行く病院だったんだけど、家から近く、評判もいいので行こうとおもってたところ。対応はほんとによく、検査もちゃんとしてくれた。でも病院へ付いてから、2度も吐いて、どっちも血。。。
レントゲンの結果、何か腫瘍らしきものは見当たらない。血液検査の結果も全く異常がない。CRPという血中の炎症を示すものも0.1と低いものだし、貧血も起こしてない。検便でも何にも見つからない。
抗生物質とかいろんな注射をしてもらって、薬をもらってとりあえず様子を見る事に。
次の朝、また血便(下血なんだけど)。でも、体内に残ってたのかもしれないし。とおもい、それから数時間後の朝食をあげて様子をみることに。するとその日1日なんにも起こらなかった。
きっと大丈夫だ!とおもった次の日の夕方。夕食後(時間は早い。)量は減ったけど下血。夕方病院が開いてから連れてくことにした。でも、院長先生は手術中で他の先生が診察してくれた。やっぱりコールタールのような便をしたことを伝えたけど、吐き気がなかったからよくなってると言われた。
2年前に遡るんだけど、フクスケがやっぱり同じような症状で1週間入院したことがある。最初は食事はダメで点滴のみだったのを思い出した。
先生に、『やっぱり血便も出るし、胃腸を休ませたほうがいいから食事をあげずに点滴をしてもらったほうがいいですよね?』と言ってみたけど、よくなってきたからこのまま薬だけでいきましょう。ということだったので、もう何も言えなかった。
そしてその日の夜も下血した。
次の朝、すぐに横浜へ出発した。M病院。もう3年半も行ってなかったんだけど、やっぱりここしかダメだって思った。
夜した便を見せると、先生もここまでヒドいのは見た事がない!っていう程のものだった。そこで、これは血便なんてものじゃないね。下血だね。と言われました。血液検査をすると、重度の貧血。CRPも1.4と上がっていました。でも、3ヶ月前の血液検査でも、下血した当日の血液検査でも貧血はなかったことを伝えると、腫瘍は考えにくいということ。腫瘍の場合だと、見た目には分からないぐらいでも、いつも便に血が混じったりして、慢性的な貧血になるらしい。フクスケは内視鏡検査をしたけど、この子たちは内視鏡検査をするとなると、全麻になるからこれはしなかった。おそらく、細菌によって、腸の広い範囲に炎症を起こしてるんじゃないかということだった。でも、この先熱が出たりすると危なくなるらしい。とにかく腸を動かさなくすることと、止血、細菌を殺すための殺菌等々・・・点滴と注射で入れてもらった。そして次の日も来ることになった。
次の日はテトとふたりで行った。というのも、先週海の家で忘れ物をしたから。炊飯器のご飯と冷蔵庫の野菜。これをどうしてももってきてもらわなくっちゃいけなかったので。。。
そして病院へ。血液検査の結果、少しだけ貧血は改善してたけど、まだまだ重度の貧血。もう下血も吐き気も止まっていた。CRPは3.4に上がってた。でもこれは想定内だということ。でも心配なので、テトだけ高いんじゃなくって、これが普通のことなんですか?って聞くと、あっさりと『普通のことです』という返事!腸内が弱って、腸内から腸外へ浸透してしまうらしい?(と言ってたような。。。)それでこの数値が上がるらしい。そしてまた点滴と注射を打って、薬をいっぱいもらって、体調が変わらなければ3日後に来ることになった。この日の夜から薬が始まるから、食事もほんの少し(1日3回、ササミのおかゆ)あげることになった。
家に帰ると調子がいい!ローリングはするわ、庭に誘うわ、オヤツをねだるわ(もちろんあげないけど)で大変!結局、一度もうんちょちょをしなかったので、下血はもちろん無く、吐き気もなかった!
そして今日病院へ。ドキドキの血液検査。貧血は少し改善して、38%台まで回復!CRPも0.6まで下がってた!ということで、今回は点滴はしずに、薬も量が減った!まだうんちょちょが出ないと心配ではあるけど、よくなってることに間違いない!
一度は、もう重病なんてしないから、近場で済ませてしまおうっておもっていたから3年以上も行かなかったけど、結局いつも助けてもらうのはこの病院なんですよね(4年前になった急性すい炎のときも、ここだから助かったとおもってる)。もうこうなったら普通の検診もすべてお願いする決心がつきました!そのほうがテトも安心だし、主治医の先生がお休みのときも引き継ぎがなにせしっかりしてる!ちゃんと把握してくれてるから、1から説明しなくってもいいし!少し離れてみて、改めてこの病院の凄さとありがたみが分かりました!
まだ当分通って、治療しますが、おそらくもう大丈夫です!

そうそう。この病院、とにかく待ち時間がいっぱいだから、患者さん同士じっくりお話する時間があります(笑)みんなほんっとに子供思いの人ばっかりなんですよね~!だから話してても、昔っからの知り合いのようにみんな打ち解けて話すんですよね~!今日はテトを数年前にここで会ったことを覚えてくれた方もいました!
そして、イタグレちゃんが来てたんだけど、ケージから出すと、ドーニちゃんにそっくり!『お友達のイタグレちゃんにそっくり!』っていうと名前を聞かれたので、『ドーニちゃん』っていうと、『もしかして、テトちゃん?』ってテトを知ってました~(笑)その子はミントちゃんといって、ドーニちゃんとは親戚でした!ドーニちゃんの子供の頃にそっくりでした!テトのことは、いつもドーニちゃんところのブログでみているそうで、写真まで撮ってもらいました(笑)
病院なんだけど、みんないろんな病気で病院に来て、お互い励ましあって、勇気をもらう感じです!そしてほとんどの人が、ここだから治してもらえたって言います!

あ、そうそう。今回の腸炎、川遊びとかの因果関係はないそうです。でも、ちょっと前から胃腸が弱ってたのかもしれません。半年以上前からになるかな?庭の土をもりもり食べるから、おかしいなとは思ってたんですけど、これが信号だったんですね。これからは胃腸にやさしいものをあげることにします!それにおやつも控えめに!

きのうのテト子
20110713a.jpg

ローリング!

ソファからおっこちる!
20110713b.jpg


20110713c.jpg
Category: 健康
2011/07/06 Wed
今朝はくじらへ泳ぎにいった!
泳ぎスポットは少し歩くんだけど、入り口でボールを渡すとそのスポットまで走っていって、すぐに見えなくなってしまった(笑)
そしていつもこうしてつかって待ってます(笑)
20110706a.jpg


20110706b.jpg


20110706c.jpg


20110706d.jpg


20110706e.jpg


20110706f.jpg


20110706g.jpg

水から上がりたくないテト!

20110706h.jpg

水遊びした後は少しぐらい日差しがあっても元気になる!
そして家に帰ってシャンプーしました!
Category: 日常

プロフィール

猫二&テト

Author:猫二&テト
テト(杁池 茶美)の日常。
テトからもらった母さんの新しい名前。
杁池 芋子(いりがいけ いもこ)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR